インフラ系の案件・エンジニア情報|フリーランス歓迎【インフラ関西】

こんなことで困っていませんか?

急に人材が必要になった!

 

急にインフラ技術者が必要になった!いままでの取引先に当ってみるが、見つからない。
インターネットで調べてみるも、関西のインフラ技術者の情報がほとんどない。

 

急に人材が常駐先から戻された!

 

予定していた期間よりも、早く技術者が戻ってきた。すぐに他の案件に充てたいが、案件がない。インターネットで調べてみるも、関西のインフラ案件情報がほとんどない。。

 

金額が合わない!

 

エンドユーザー(70万)→請け元(Sier 60万)→2次請け(55万)→3次請け(50万)→人材保有会社(45万) このような多重構造もまだ多く見受けられます。
これでは、なかなか決まりません。

 

  もし、決まっても   エンドユーザー側は70万円、従事者側は45万円の仕事 
     金額のギャップは仕事にも表れてしまいます。

 

 

情報の伝達が遅い! 正確性に欠ける!

 

現場で直接言いにくい、改善指示や苦情が発生することはよくあります。
商流経由で伝達を試みますが、中間企業を経由することにより、正確性や緊急性が損なわれる可能性があります。温度差が違って伝わってしまうのですね。
技術者が一人で現場で疲れ果てているケースも多くあります。

 

偽装請負!?

 

指揮命令系統が現場で直接行われる場合は、「派遣」での契約が前提です。
実際現場で指揮命令が直接行われている場合、派遣契約以外での契約では、偽造請負になってしまう場合もあります。その場合、 技術者を受け入れている請元やエンドユーザーの責任も問われることになります。

 

 

解決策 

案件保有会社と人材保有会社が直接契約する!


ホーム RSS購読 サイトマップ