フリーランスと派遣の違いとは?知らないと損をする!

フリーランスと派遣の違いとは?

フリーランスと派遣の違い

 

終身雇用制度が崩壊した今、働き方は「正社員」だけではありません。

 

メディアでも良く取り上げられている「非正規雇用」出の働き方も増えて気います。

 

いわゆる「派遣」や「アルバイト」などですね。

 

フリーランスも派遣と同じようにとらえられているケースもありますが、実は全く別のものです。

 

 

雇用関係が有るか無いか

 

フリーランスと派遣での一番大きな違いは、「雇用関係」の有無です。

 

派遣社員は、所属する企業との間に雇用関係がありますが、フリーランスにはありません。

 

派遣社員は「労働基準法」が適用され、「雇用保険や労災保険への加入、社会保険も保険や年金の半分」を会社が負担してくれます。

 

一方、フリーランスには適応されないので、税金や保険は全て自分で支払うことになります。

 

仕事の指示形態も異なる

 

派遣社員は、派遣先の指揮命令下のもとで仕事を行います。そのため、勤務時間や休暇申請、仕事のやり方なども一般社員と同じように支持を受けます。

 

労働基準法で守られていますので、法外な労働時間を強制されることは、まずありません。

 

フリーランスの場合は、基本的には「請負契約」という形になります。

 

決まられた納期までに、成果物を納品できれば良いわけです。したがって、時間や仕事のやり方も含め、すべて自身で管理します。(当然、進捗の報告義務はありますが)

 

報酬はどうなの?

 

派遣の場合は、その企業の定める基準を大きく超える報酬はまず望めません。(ズバ抜けたスキルがあれば別ですが。)

 

社会保険や年金、税金アドを引かれたうえで賃金として振り込まれます。

 

一方フリーランスの場合は、契約した金額すべて振り込まれます。そこから自分で保険や年金を支払い、年末調整を行って税金も払います。

 

会社で行ってくれることをすべて自分で行う必要があるわけです。

 

高いスキルがあれば高単価の案件も望めますが、安定性に欠ける、という点もあります。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ