フリー ランスの名刺はどんなのがいいの?ITエンジニアの場合

フリー ランスの名刺はどんなのがいいの?

インフラ フリーランスの名刺

 

ビジネスシーンでは、名刺は欠かせないアイテムです。

 

「フリーランスだからと言って必要ない」、ということはありません。

 

いえフリーランスだからこそ、名刺には気を使うべきです。今回はフリーランスに、とても重要な「名刺」についてのお話です。
※当サイトはITエンジニアに特化しています。

 

名刺は重要な営業ツールと心得よう

 

仕事をしていくうえで、他者との関わりはとても大切です。サラリーマンもそうですが、フリーランスの場合は、もっと大切です。

 

サラリーマンであれば、仕事は営業マンがとってきてくれますが、フリーランスになると仕事も自分で取ってこなくてはなりません。

 

そう、「営業」も自ら行う必要があるのです。

 

業界に名が知れ渡っていて、黙っていても仕事が切れることはない、というケースは別ですが。

 

筆者も、フリーランスで案件をを探している方と、年間何十人とお会いしますが、名刺をいただくケースはごく稀です。

 

その名刺も、現在の案件で業務上持たされている常駐先の連絡先が入ったものなど、「?」というものが結構あります。

 

そこに記載されている電話番号やメールアドレスに、こちらから連絡を入れることはできません。

 

一方、ご自身の住所や携帯番号、そして簡単な職歴やアピールポイントが書かれた名刺をいただくこともあります。

 

こちらのような名刺は、名刺ホルダーできっちりと保管しています。

 

名刺は、フリーランスにとって最大の営業ツールと言えるでしょう。

 

名刺にどこまでの情報を載せるか?

 

フリーランスの方は、オフィイスを構えて業務を行っている、というケースは少ないと思います。

 

ですので、名刺に載せる住所は「自宅の住所」、ということになりますが、個人情報なので気になるところでもあります。

 

女性なら尚更ですよね。

 

お勧めとしては、名刺を2種類作成する

 

少し手間かもしれませんが、2種類の名刺を使い分けることをお勧めします。

 

一つ目は、信用できる人に渡す名刺

 

仕事で長いお付き合いになるであろう人、重要なクライアントなどですね。

 

この場合は、屋号・住所・電話番号・メールアドレス・ホームページアドレス(有れば)

 

などの情報はきっちりとお伝えしたほうが良いと思います。

 

 

2つ目は、不特定多数に渡す名刺

 

セミナーや懇親会など、不特定多数の人に渡す名刺です。

 

こちらのケースは、住所は「活動可能エリア」として記載すればいいと思います。

 

「この範囲(エリア)のお仕事なら依頼できるんだな」と伝えることができます。

 

電話番号は携帯電話の番号を記載しておけばいいでしょう。メールアドレスも1つ目とは分けていたほうが賢明です。

 

仕事に関係のないメールも来る可能性もありますので。

 

一工夫加えることが重要

 

たかが名刺。されど名刺です。

 

必要最小限の内容では、他の名刺に埋もれてしまいます。

 

先程もお伝えしましたが、簡単な職務経歴やアピールポイントを名刺に載せましょう

 

そして、さらにお勧めするが「ご自身のホームページを作る」ことです。

 

ホームページを作成して、詳細な職務経歴、得意分野、アピールポイントなど詳しい情報を盛り込みます。

 

案件が変われば経歴も更新し、日々の気づきなども載せてはいかがでしょうか。

 

そうすることで、「この人はこういうスタンスで仕事をするんだな」と、より深いところでアピールできる可能性が広がります。

 

出来れば独自ドメインで作成しましょう。そうすれば、メールアドレスもフリーアドレスではなく、独自のアドレスを作れます。

 

ここまですれば、かなりインパクトを与えることができます。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ